院長紹介

院長 久野木克典

私どものクリニックでは独自の治療プログラムを開発し、患者様おひとりに合わせた治療を行っております。この様な治療プログラムを行うことで治療の質はもとより患者様のご希望にそえることのできる最良の歯科医療を提供できるものと自信をもっております。(確信しております)

良質な医療を提供するために患者様には、十分なお時間をいただいて治療を進めております。私どものクリニックでは治療技術はもちろん丁寧緻密な診査を行いそれに基づいた診断が重要であると考えております。そのため診査に必要なお時間を患者様おひとり30分~60分頂いております。一定の治療時間を頂いた上でご希望にそえるプログラムを進めていきます。

院長 久野木 克典

略歴

  • 明海大学歯学部卒 同歯内療法科入局
  • 明海大学歯内療法科 臨床助手
  • 久野木歯科クリニック (CTオーラルケアヘルスセンター)開院
  • 厚生労働省認定臨床研修歯科指導医

活動経歴

2009年6月11日
130回日本歯科保存学会春季学術大会 札幌コンベンションセンターにて発表
2009年10月
日本歯内療法学会誌第30巻に論文掲載発表
2010年6月12日
第28回日本顎咬合学会学術大会・東京国際フォーラムにて口演発表
2011年6月12日
第29回日本顎咬合学会学術大会・東京国際フォーラムにて
演題名「近代マテリアルによる最新歯科治療」を口演発表
2012年6月29日
第30回日本顎咬合学会東京国際フォーラムにて「低侵襲を重視した歯科治療」を口演発表
2013年3月31日
第10回日本顕微鏡歯科学会一橋大学講堂にて「難治性根尖性歯周炎に対する歯内療法」を一般口演発表
2013年5月30日
第9回世界歯内療法会議東京国際フォーラムにて「Endodontics for Refractory Apical Periodontitis」を口演発表
2013年6月30日
第31回日本顎咬合学会東京国際フォーラムにて口演発表
2014年4月12日
第11回日本顕微鏡歯科学会・九州大学医学部百年講堂にて口演発表
2014年6月14日
第32回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて「難治症例を治癒に導くマイクロエンドドンティクス」を口演発表
2015年6月26日
第33回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて口演発表
2016年5月27日
厚生労働省臨床歯科指導医に認定
2016年6月12日
第34回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて「歯科治療における偶発症の対応」を口演発表
2017年6月11日
第35回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて「難治症例に対応し治癒に導いた歯内治療について」を口演発表

所属学会・資格

  • 日本顎咬合学会認定医
  • 日本歯科保存学会所属
  • 歯周病学会
  • 歯内療法学会
  • 審美歯科学会等
  • 厚労省認定臨床歯科指導医